HOME>アーカイブ>ライフスタイルに合った住み良い物件でルールを守った生活を

マナーを守って気持ちの良い生活を

勉強

学生が一人暮らしする際には、ハイツやワンルームマンションなどに住むことが多いでしょう。大きな集合住宅以外では、管理会社や大家さんの目が行き届いていないこともあります。賃貸住宅で気持ち良く住むためには、ゴミ出しの指定日を守ることや騒音を出さないことなどルールを守らなければなりません。指定日以外にゴミを出すと、悪臭や虫の発生の原因になります。友達を部屋に呼んで夜中まで大声で騒ぐようなことも控えましょう。また物件によって家賃の支払い方法も変わります。口座引き落としの場合もあれば、大家さんに直接持って行く所もあります。物件契約の際の指定通りに、滞納しないようにきちんと払いたいものです。

居心地の良いワンルームマンション

学生が単独で暮らすのに、広い家は掃除も大変です。コンパクトなワンルームであれば、家賃も安くて済みます。最近はおしゃれで今風のデザインのワンルームマンションも増えてきています。お風呂とトイレが別になっている部屋であれば、女性も躊躇なく住めるのではないでしょうか。また自炊をしっかりしたい学生には、1Kのハイツなどが適しています。1kとは、1部屋とキッチンがある物件のことです。近年、ワンルームや1kでもきちんとオートロックになって防犯対策ができている賃貸物件も増えています。

便利な家具付き物件

地方から出てきた学生が一人暮らしをする場合には、4年ほどの短期間住むだけになるケースが多いです。数年のためにベッドや冷蔵庫などを買い揃えるのは勿体なく感じることでしょう。そんなときに便利なのが、家具や家電があらかじめ備え付けてある賃貸物件です。勿論何から何まで揃っているわけではありませんが、テレビやベッド、エアコンなどが付いている物件はたくさんあります。小さな冷蔵庫が置いてある物件などは、学生に人気です。