スムーズに手続きを進めてくれる

男女

東京で賃貸マンションを探している場合、直接そのマンションのオーナーを見付けて交渉をすればかれることができます。一般的には、不動産会社を利用しますが、個人間で契約をしても問題ありません。ですが、実際にそのような話をほとんど聞かないのは、手続きなどが面倒だからといったところでしょう。手続きでは、様々な書類が必要になりますが、その中でも重要書類に関しては自分たちで作成すると大変です。ちょっとした記載のミスがあっただけで損害賠償請求になることもあり得ます。この点不動産会社を利用すれば、手続きがスムーズになるだけでなく問題が起こりにくくなり安心してそこに住むことが可能です。

間取りから選ぶ

女性

賃貸マンションでも、東京にあるマンションは非常にたくさんの種類があります。地方と比べると、選ぶだけでもかなりの時間がかかるかもしれません。そこで、いくつか選び方のポイントを見ていきます。一つは、建物の中身から選ぶ方法です。例えば、間取りはどのようになっているかは非常に住み始めてから大事になるでしょう。特に、女性の立場からすると家事動線がしっかりしていることが大事です。キッチンから洗濯機までの距離と洗濯機からベランダまでの距離は可能な限り短い方がよいです。仮に、距離が短くなくても途中に障害物がなければ問題ありません。逆に、距離が短くても途中で障害物があるような間取りの場合には、不便に感じる可能性が高いです。

外の環境などを見ておく

マンション

東京で賃貸マンションを借りる場合、部屋の中を重視する人は多いですが、外の環境も気にしておく必要があります。例えば、いくら駅から近くても大通りのすぐそばにある建物は車の音がうるさくて夜眠れない可能性もあります。また、近くに工場などがある場合には、工場の音やにおいなどが気になり、窓をあけることができないかもしれません。これらは、地図で確認することができるだけでなく、実際に現場に通ってみてどのような状態になっているかを確認することが大事です。日曜日に確認をした場合、可能な限り平日にも一度確認をしておくのがよいです。工場などは日曜日にはやってなくても平日に稼働していて、非常にうるさいこともあり得ます。後は、災害に遭遇しやすいかどうかも重要です。最大の中で問題になりやすいのは地震と水害です。地震に強い場所を選ぶならば、地盤がしっかりしていることが重要になります。一方で水害の場合は、河川が近いところや標高が低いところなどは注意をしなければなりません。